配偶者の浮気が発覚したら

浮気調査してみたところ配偶者が浮気していることが発覚したならば、離婚するかしないか心が乱れますよね。

ひとまず冷静になって、探偵事務所に調査を依頼するよりも先に、よく考えておくことが賢明です。

夫婦であれば不貞があっていけないのは当然のことですから、当然の権利として慰謝料の支払いをもとめ、結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。

事前に成功報酬と言われていても、たとえば、調査内容が浮気についてだった場合には、調査期間が3日間しかなかったとしたら3日間で浮気が発覚しなければその調査に関しては成功ということになります。

実際には浮気していたとしても、調査をした間だけはたまたま浮気していなかったら、配偶者の浮気の有無をはっきりさせることができないまま、調査期間を終えてしまい、成功報酬として料金を支払うのです。

探偵に依頼するなどし、浮気の証拠を掴む事が可能です。

浮気を疑われる様子を相手が見せた場合、最初は自分でなんとかしようとすると思います。

しかしながら浮気の証拠を自力で入手しようと思っても、相手に見つかるという可能性は低くないでしょう。

その原因はズバリ、あなたの顔を覚えているからです。

パートナーの浮気リサーチを探偵に依頼する際には、一般的には、調査員の人数と浮気調査の期間を前もって協議します。

1時間で1万円以上もの費用がかかるので、調査期間が長期になればなるほど調査費用が高額になるでしょう。

興信所などによって、主に使う道具や調査する人のキャパシティには差異があるので、周りの人の評価なども調査していくと良いでしょう。

ご自身での浮気調査がおすすめできない理由は頭に血がのぼってしまう危険性があるのです。

強い心を持っている人でも、自分の知らない伴侶の顔をみてしまうと刃傷沙汰に発展してしまう場合が多数確認されています。

無事に解決するためにも、何よりも、証拠を入手するために、浮気調査は是非とも探偵にご依頼ちょーだい。

浮気の裏付けをつかみ取るには、探偵に浮気調査をしてもらうことが最も確実な方法です。

しかし、探偵に依頼するのはかなりなお値段なので、どんな人にも簡単に依頼することができるとはいえません。

探偵に浮気調査を頼んだとしたら、費用は幾らぐらいかかるのでしょうね?探偵事務所によってそれぞれお値段は違ってくるので、依頼前に一度見積もりをしてもらうとよいでしょう。

浮気調査の第一段階ですべき事は、浮気が実際に行われているか否かを明りょうにする事です。

不倫行為が確実ではない場合はひとまず、依頼主に調査続行の意思を確認することとなります。

残念にも、伴侶の不実が確かなものとなったら、次にすべ聴ことは、浮気相手の特定です。

尾行によって勤務先のパートナーの行動を確かめたり、あるいは張り込んだり等、浮気相手の姿・年齢・氏名などを確定させるのです。

探偵について、その特長を考えると、怪しむ人のないようにきめ細かく配慮しながら目立たないように調査を進めるのに対して、興信所はというと、身辺調査・企業調査を依頼される傾向があるため、先に身分や目的を開示してから表立った調査をしているようです。

沿ういう訳で、個人の行動を調べるには探偵が向いており、一方、興信所は情報を集めることが上手だと、おおまかには考えられます。

例え、配偶者が浮気している場合でも夫婦生活をつづけていきたいのであれば浮気している現場に直接行くことはしないほうがいいでしょう。

浮気していることが明らかになってしまうと相方が、ひどく感情的になってしまい、離婚を避けられない事態に陥る可能性を否定できません。

しかも、浮気相手に直接関わった結果、大きなストレスになってしまうのです。

なんとアルバイトの探偵がいるようなことがありえます。

探偵のアルバイトを探してみると、そのシゴトの募集を見つけるでしょう。

ということは、バイトを使っている探偵事務所も多いのです。

浮気について調べるように言うときには、個人を特定できるような情報を教えないとできないですよね。

アルバイトだと不意に放り投げることもあるかもしれないですし、知った情報を誰かに話してしまうこともありえますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です