初めてのお化粧の仕方

お化粧は初めてです。

 

お化粧の仕方がわからない方を対象に私のお化粧の仕方を簡単にまとめ説明を試みました。

 

お化粧の仕方をいまさら聞けないという方にもこの方法でお化粧の達人になってほしいです。

 

 

 

 

 

通常から基礎化粧品などでスキンケアをこころがけ、お化粧時はベースメイクとして化粧下地後にファンデーションを塗ります。

 

化粧下地は土台で仕上げがファンデーションということになります。

 

基礎化粧品以外のベースメイク、そして口紅などの事をポイントメイクと呼びます。

 

 

若い女性などいきなりポイントメイクする仕方もあります。

 

ポイントメイクとは口紅やチーク、アイシャドーなどを行うことです。

 

メイクアップとも呼ばれています。

メニューに戻る>>

基礎化粧品

 

基礎化粧品とは化粧水、美容液、乳液、クリームのことです。

 

これらのメーカーをそろえて使う人もたくさんいます。「ライン使い」と呼びます。

 

基本的にはそろえる必要はありませんが使う順番があります。

 

順番を守ることが最大の効果を高めるので順番は守ったほうが良いです。
基礎化粧品によるスキンケアの順番は洗顔→化粧水→美容液→乳液→クリームになります。

基礎化粧品
役割
石鹸 汚れを落とす
化粧水 お肌の保湿成分を補う役割です。最も重要なので洗顔後は化粧水だけは最低限使用して下さい。
美容液 気になる箇所に集中的にケア。シワ、シミ、ほうれい線などの部分をケア。省略は可能です。
乳液 保湿や油分をバランスよく補う。省略が可能です。
クリーム 乳液よりも油分が多い。一連の作業の効果をクリームを塗る。ふたの働きをします。省略は可能です。

メニューに戻る>>

 

 

 

 

 

メニューに戻る>>

ベースメイク

 

次に本格的なお化粧の始まりです。

 

まず顔全体のベースメイクとして化粧下地を作った後、ファンデーションを塗ります。

 

コンシーラー、フェイスパウダーも順番に塗りより完成度を高めます。

 

この場合の順番は化粧下地→コンシーラー→フェイスパウダー→ファンデーションになります。

 

 

また化粧下地の必要のないBBクリーム、CCクリームを使う場合もあります。

 

BBクリームは時間がない時の時短としても便利ですね。

 

若者などにはBBクリームやCCクリームで良いでしょう。

 

 

メニューに戻る>>

ポイントメイク

 

最後にポイントメイクに進みそれぞれのポイント部分のお化粧します。

 

 

眉毛のメイク(アイブロウ)、アイメイク(アイシャドウ、アイライナー)、リップメイク、チークなどです。

 

 

 

メニューに戻る>>